私がこの用語を始めて見たのは、ウェブマスターツールを開いている時でした。正確には覚えていませんが、ページを開くと「ホームページがモバイルフレンドリーにつくられているかを検索ランキングの一要素として採用します」というようなメッセージが表示され始めていました。
要するに、タブレットやスマホでも見やすいようにホームページをつくってねということで「モバイルフレンドリー」という用語を使ったのだと思います。
しかもグーグルは、該当ホームページがモバイルフレンドリーかどうかを診断するツールまで用意しました。
グーグルの動向に敏感な皆さんは早速ホームページ側の対策に乗り出したことと思われます。実際トラフィックでみると、パソコンからよりスマホからののインターネット利用の方が多くなってきました。
一年前にはなりますが、以下のような統計結果になっています。

グーグルがあえて言わなくても、いづれモバイルフレンドリーなホームページ制作になっていくのは時間の問題だったと思います。
スマホ、タブレットでも見やすいという意味でモバイルフレンドリーという言葉を使ったのでしょう。そのための一つの解決策がレスポンシブウェブデザインなのです。
グーグルに言わせると、対応していないホームページはトラフィックの増えているモバイル端末でのグーグルの検索順位が下がります。これは結構痛いです。今本当にスマホ対応が急がれています。自社はB to Bの会社だからいらないというある会社のご担当が言っていたこともありましたが、閲覧者は電車移動中にも取引先の会社のホームページの確認を行っているのです。そこでモバイルフレンドリーでないのはやはり問題ではなかろうかと思います。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン