レスポンシブという言葉を聞いたことがある方へは話が早いですね。ここは聞いたことがないという方前提に書きます。スマホ対応ホームページを作る方法として今とても流行しているのですが、一つのホームページで、パソコンから見てもタブレットから見てもスマホから見ても、違和感なく閲覧できるようにするホームページの作り方のことです。
画面サイズの異なるそれぞれの端末で、違和感なく閲覧するには、ホームページ側でレイアウトや画像のサイズなどを自動的に調整する必要があります。
この弊社のホームページもレスポンシブに作ってあります。
話すより見るほうが早いですね。お手元にスマホがあれば、スマホからhttp://www.joymedia.co.jp/にアクセスしてみてください。レイアウトが多少変わりますが、ストレスなく閲覧できていると思います。
もっと手っ取り早くレスポンシブかどうか確認する方法は、パソコン上のブラウザの横幅を狭めていってみてください。いかがでしょう。横幅に従ってレイアウトが変わっていく様子が確認できると思います。
これがレスポンシブになっていないデザインだとどうなるか。弊社のPC用のサービス「かんたんサーチ」(デザインは2005年の作なのでご容赦を)http://www.quick-links.com/を見てみましょう。
スマホでみると対応していませんので、とても小さい字で一応ホームページだなとわかる程度まで縮小されて表示されます。そのままスマホで見たければ、画面を拡大してみてみなくてはなりませんので、非常に見にくいです。
パソコン上のブラウザでも確認できます。上と同じように、パソコン上のブラウザの横幅を狭めていってみてください。右側が表示されない状態になってしまいます。
スマホが一気に普及したため、ホームページの運営側もそれに対応を迫られています。スマホ向けにもう一つホームページを作る方法もありますが、製作コストが2倍、運用コストも2倍となってしまうため、パソコンもタブレットもスマホも一揆に対応してしまう、このレスポンシブウェブデザインがもてはやされているのです。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン