もうだいぶ前になりますが、ホームページの制作は、コンテンツの記述とデザインは分けて作られていた方がよいという考え方が登場しました。
それまでは、ホームページのレイアウトはTABLEタグを大量に使ってデザインするのが普通でした。
そこに、上のような考え方が出現して、スタイルシートというものが発案されました。
htmlはコンテンツの記述に専念し、そのレイアウトやデザインはcssで定義するようになったのです。以前は初期のころのホームページビルダーのようにTABLEタグを駆使してレイアウトを決めていたのですが、TABLEタグではなく、htmlの中で段落や見出しなどの一括りのドキュメントのかたまりをDIVタグ等で括っておき、cssの方でその配置関係や飾り方を定義するというスタイルに変わりました。
この考え方は非常に便利で、一気にスタイルシートを使ったホームページ作成方法が普及していきました。ホームページビルダーの変化で見てみると、TABLEの嵐だったホームページビルダーの吐き出すコードが、今度はDIVの嵐で吐き出されるようになりました。しかしながらいかんせん結局はホームページ制作ソフトの廉価版で、各々の要素をDIVで括ったのはいいけれど、位置関係を記述するスタイルシートの書き方ができず、当時のホームページビルダーユーザーのユーザーさんのコードは、なんと位置関係ではなく、括られた段落をピクセルで指した固定座標情報で並べていたのです。
これは非常に醜いです。スタイルシートに分ける意義がありません。
割と楽な作り方なので、汚いコードを書く方は、固定座標を乱用していました。それを反省しながら、もともとのスタイルシートのコンセプトが少しずつ理解が進み、最近では綺麗に位置関係で配置するスタイルシートの書き方も普及していきました。
この時点でかなりレスポンシブな画面になってくるのですが、決定づけたのはCSS3の完成です。このCSS3、画面サイズによって、スタイルの定義を分岐させることができるようになったのです。
これさえできれば、ホームページはレスポンシブになります。つまり、ワードプレスをつかなくとも、htmlのコンテンツとcssのデザインをきちんと分けて書き、ディティールな定義は更に画面サイズに従って変化するようにすればよいのです。
概念的にはそうなりますが、今度はスタイルシートを書くのが大変になってしまいます。そこで、ホームページテンプレートと称して、cssを配布される方々も現れました。その中にはレスポンシブを意識したホームページテンプレートを作ることができる方も多くいらっしゃいました。
これで十分レスポンシブなデザインのホームページテンプレートが手に入ります。
ということで、レスポンシブはワードプレスだけの十八番というわけではありませんでした。
ただ、ホームページテンプレートの場合、コンテンツを書くhtmlの方は、たとえひな形があっても、書いていかなくてはなりません。そこが少々手間です。そこで、コンテンツとデザインを分けて記述するのが前提の考え方のCMSの登場となるわけです。ユーザーは、気に入ったデザインを買うなりフリーのものを使うなりして手に入れて、CMSの中でコンテンツのみをどんどん書いていけばよいようになります。
これは便利です。ムーバブルタイプかワードプレスかと騒がれていた頃、多くのアフィリエイターさんが無償のワードプレスを選択し、ものの数時間でホームページを1つ立ち上げ、たくさんのアフィリエイト用のホームページを作っていくことになったのです。このころはまだレスポンシブは意識されていませんでしたが、その後スマホの登場で、端末の多様化からデザインがレスポンシブであることが望まれ、現在のような情勢になってきたのです。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン