話は前後しますが、いったいCMSとはなんでしょう。
CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、ホームページを管理・更新できるシステムのことをいいます。
通常のホームページの更新は、テキストや画像の情報だけでなく、HTMLやCSSと呼ばれる専門的な知識が必要で、他のページからのリンクを設定するなど、大変手間がかかる作業になってしまいます。
CMSでは、専門知識が必要な部分は全てシステム側に制御させ、テキストや画像などの情報のみを入れていくことで、簡単にホームページを更新することができます。また、ホームページ内のナビゲーション(左メニューなどのリンク)や、新着情報など、必要なリンクの更新は、自動的に行われます。
CMSは、専門的な知識を学習することなく、誰でも簡単にホームページを更新・管理することができる大変便利なシステムです。
この説明では、広義には楽天などのショッピングモールなどもCMSに入れられるでしょう。
一般的にそう言われますが、少し反論すると、CMSも年々高機能になってきており、出来上がれば上のようなメリットを享受できますが、構築するにはそのCMSソフトについての深い知識が必要になってきてしまいました。
私共はこの前後の記事でワードプレスを推奨していますが、自分のやりたいことを実現するのに、膨大なデザインと膨大なプラグインの中から適切なものを探すこと自体が難しくなってきています。ワードプレスの場合、普及がダントツに進んでますので、まず気に入る、やりたいことができるデザインとプラグインがどこかに必ずあることがほとんどですが、それを探すのはもう大変です。
それでも、構築が終われば、後はユーザーさんにコンテンツを入れていってもらえばいいので、管理、運営が非常に楽になります。
そのことがCMSを普及させている一因でしょう。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン