弊社は開業後しばらく会社案内のホームページを持っていなかった。その後、やはり何もないのはまずいだろうと思い、簡単にちょろちょろっと作ってほったらかしにしていた。ほおっていたので、当然誰も見ない。メインホームページらで会社案内を出しているからいいやと思っていた。ヤフーと同じ発想である。
ただ、いづれ使う日が来るかもしれない社名でのドメインjoymedia.co.jp、joymedia.ne.jp、joymedia.jpは大昔から確保してあった。今回その一つであるjoymedia.co.jpを使ってこのホームページを公開したのだが、同じ社名の会社がその後1社現れていたようで「ジョイメディア」で検索するとその会社関連の記事ばかり出てくる。沖縄のカラオケ屋さんである。
うちの会社の名前、相当考えて作った。よく覚えているが当初は「インターテクニカ」にしようと思っていた。しかし何かしっくりこず、考えあげて作った社名がこの「ジョイメディア」である。今のところ同名企業が1社しかないこの名前にしてよかったと思う。
ところがである。放置していたのがいけなかったのだろうが、社名で検索するとこのホームページではなく、その沖縄のカラオケ屋さんの記事ばかり出てくる。この状況はまずい。名刺をお渡ししたお客様へどうやってこのホームページを見てもらうかが大問題になってしまった。
最初は社名でSEOかけるかと思ったが、社名でグーグル対策するよりサービスコンテンツで対策するべきであろう。今更社名でトップに来させるのはあきらめた。
が、その沖縄のカラオケ屋さんが重要なことを教えてくれていた。グーグルマイビジネスである。
グーグルマップとグーグル+、検索を連動させ、1つのパックにしたサービスだ。
試しに「ジョイメディア」で検索してみる。「ジョイメディアで検索
その沖縄のカラオケ屋さん、スマホのグーグル検索ではトップで出てくるし、PC用のグーグル検索でも、右サイドバーに出てくる。
SEOをやっているのがむなしくなるようなお話だが、これのサービスは無料らしい。本来の目的はローカルな情報をグーグルマップとグーグル+と検索情報で提供して、地域密着なビジネスを支援するのが目的のようだ。しかし、店舗の有無にかかわらず自社所在地で構わないようだし、なんといってもローカルではない東京での検索で沖縄の情報が出てくるようだから、社名表示にはうってつけである。余計なグーグル対策をしなくていい。
googleマイビジネス
書類が届くのに最大19日かかるそうだが、無料らしいのでとりあえず申し込んでみてもよいと思う。弊社の場合、同名の会社の2件目ということでどういう扱いになるかわからない。並べて表示するのかエリアで検索結果を変えるのか、それとも先着順だとか。試してみないとわからない。結果は報告するのでお楽しみに。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン