何をいまさらと言う方が多いと思いますが、ここはビギナー向けのホームページですので、ご容赦を。
グーグルは、検索結果がより良いものになるように、検索エンジンにホームページの情報を送ったり、検索エンジン側でグーグル対策(SEO)に役立つ情報を閲覧できるようにしています。昔あったウェブマスターツールの後継でサーチコンソールと言います。
Google-Search-Console
search console
ワードプレスで作って必要なプラグインを一通り入れてあれば、ホームページからグーグルへの情報送信は自動的に行っていますので、やることは少ないのですが、私の場合パス(URLのドメインじゃない後ろの方)を変更することが時々あって、そういう時に、巡回(クロール)に来てとリクエストするのに使うことがあります。
他、「検索アナリティクス」「サイトへのリンク」「内部リンク」「コンテンツキーワード」などの重要なコーナーがあり、自分のホームページをグーグルに最適化(グーグル好みに)するのにとても参考になる情報です。
日本の検索エンジンはyahooと合わせてグーグルが80%のシェア握っていますので、グーグル様に逆らうことはできません。サーチコンソールの参考指標は重要ですが、だからと言ってむやみやたらにキーワードを並べてみたり、リンクを張りまくってみたり、そういうことをしてはいけません。グーグルの検索エンジンは、ものすごい勢いでかしこくなってきています。普通に思いつくようなスパムは当然、SEO業者の行う端的な行為もスパムとして、それを見抜く強力なAIになっています。
しかしながら、最近のグーグルは親切になってきて、スパム行為だなと気がついても、スルーして順位をひょいと下げるだけです。以前のように○○ペナルティというような見せしめ的暴落のさせ方はしないようです。これが逆にグーグルに気が付かれているのかよくわからず、一層わからなくなってきています。本当に賢くなりました。
SEOについては、グーグル自身が教本を作っています。そのように作ってあって、重要な情報であれば自然と上位検索されるのです。
基本から外れるSEOを提案してくるSEO業者には十分気を付けましょう。大手GグループのS社が、SEO詐欺の典型です。ローンを組ませられるので、返品ができません。数あるお客様で、SEO詐欺被害にあわれた方がおひとりいらっしゃいました。残念です。なぜ、先に一言相談しないの!と言ったらつい押されてと、カード会社に3年ローンを組んでしまっていたということでした。支払いはカード会社ですので解約ができません。Gグループは創設から胡散臭いので好きになれないのですが、末端ではそういうことを容認しています。
サーチコンソールの話のつもりが、きな臭い話題になってしまいました。それは置いておいて、グーグルのガイドラインを参考に日々ホームページをブラッシュアップしていきましょう。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン