グーグルマイビジネスに申し込むと、しばらくしてからグーグルアドワーズエクスプレスから、「マイビジネスに掲載されるまで体験してみませんか」というメールが6000円分のクーポン券と一緒に送られてきた。
スパムのような楽天と違って控えめな案内が好印象で、アドワーズはいづれは使うことになるだろうし、少し慣れておくためにも触ってみようかなと思い、登録してみた。これまでSEO一点張りだったが、コスパからみてネット広告もありかもと思い始めている。
広告の配信までの手順が非常に簡単である。この時点で私はグーグルアドワーズエクスプレスはグーグルアドワーズとは別物だと気が付いていなかったから、こんなに簡単に出稿できていいの?というぐらい楽勝に感じてしまった。
で数時間運用していたのだが、アクセスがスマホからばかりだったので、BtoBのホームページなのにこれじゃだめじゃんと思い、デバイスを設定する方法をググってみた。この時まだグーグルアドワーズエクスプレスはグーグルアドワーズとは別物だと気が付いていない。
「グーグルアドワーズ デバイス 指定」と検索するとそのやり方を解説したページがいくつも出てきた。しかし、それらの説明で出てくるタブやボタンがない。どうなっているんだろうと思いつつ検索を繰り返しているとグーグルの公式ヘルプの中で、「アドワーズとアドワーズエクスプレスを同時に使わないでください」という記事を見つけた。同じ検索結果で2つ広告が表示されてしまうとのことだ。この時初めて別物だと気が付いた。別物なのに紛らわしいネーミングである。使うならどちらかだけである。
で、グーグルに電話して聞いてみると、グーグルアドワーズエクスプレスではデバイスの指定はできないとのこと。それじゃあ使いもんにならないじゃんというと、苦し紛れに「今やスマホはPCと変わらないトラフィックで必ずコンバージョンする」と主張していた。そんなわけないと思い、グーグルアドワーズの利用方法を勉強しなおして出直すことにした。
でも、エクスプレスの方も商売によっては、便利ではなかろうかと思う。まず、導入が非常に簡単である。キーワードも悩まなくていい。グーグルのAIが適したキーワードを見繕ってくれる。配信エリアと時間帯が指定できる。町にたくさんある小売業の方にとっては、これで十分ではなかろうか。
主にスマホのパートナーホームページで表示され、時間とエリア(中野区とか)が指定できれば、お店のセールやキャンペーンにもってこいではなかろうか。アドワーズと違って導入が非常に簡単で分かりやすいし。
ローカルな情報発信手段であるグーグルマイビジネスに登録したわけだから、ローカルな広告手段であるグーグルアドワーズエクスプレスというものを開発して、提案してくるのは自然なことだと思うし、街中のお店からすると強力な販売ツールと言える。
キーワードを検討しなくてもいいのも便利である。SEMではそれをこそ要であるが、グーグルの賢いAIが自動的に関連性のあるパートナーホームページ、検索結果を見つけてくれる。なんとお店までの道順まで案内してくれる。私共はそういう業種ではないのでつかえなかったが、小売業には間違いなくお勧めである。
グーグルアドワーズエクスプレス

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン