アドワーズ効果結論を先に言うと、集客には効果はないと思う。
私共はお試しでやってみているだけなので、その結論は早いんじゃない?と言われそうだが、お客様で以前からネット広告にもふんだんに資金を投入している方もいらっしゃいます。
皆さんおっしゃるには、自然検索で見つけてもらった時と比べると受注につながることがはるかに少ないそうだ。
私共もアクセス解析をみていると、グーグルアドワーズから来た方はちらっと見てすぐ離脱となるパターンが多く、自然検索でやってきてくださった方はしっかり数ページは見ていってくれている様子がわかる。
弊社のトップページがしょぼいから離脱率が高くなるのではといわれそうだが(実際そうかもしれないが。グーグルのAIの評価では弊社のホームページはランディングページとして質が悪いそうだ、ほっとけ!)、そのことでアドワーズと自然検索の間で差が出ることはないと思うし、差を感じていらっしゃる先輩お客様達のホームページの出来栄えが悪いとは思えない。高額商品を扱っていらっしゃって、広告にもだいぶ予算がさける方でも差を感じているようだ。お客様のお話は参考になることが多い。
自然検索と比べて差があるとはいうものの、自然検索で露出度が高くないホームページは、アドワーズのようなサービスを使いこなさなくてはならず、仕方がない面もある。だが、予算をさける業種や会社規模の方ならいいが、そうでない事業者は価格の高騰しているCPC広告も手が届かないのが実情だと思う。
しかし予算があれば使い道はある。以前も少しふれたが、支払いはクリック単位だが、事実上名前を浸透させるマス広告として考えれば、さほど高いお値段ではないと思う。弊社でも、こんなおふざけのホームページ名なのだが、このホームページ名で検索してくださる方が結構多い。広告を見たことがある方が再検索してくれているのだろうと思われる。
広告が弊社より上位に表示されているロリポップさんやXサーバーさんは、商品が格安なのが売りなので、1クリックで赤字になる。そう弊社は500円で入札しているんです。それを上回る600円以上ではクリックした全員契約してくれなければ単月では元が取れない。元が取れないのになぜやっているか?サービスの内容を露出しなくてはならないからだ。単月で元が取れないものを使うのはブランディング戦略である。
もう一つ使い道がある。ターゲットを徹底的に絞り込み、そのキーワードで検索してきた人がいれば必ず見てもらい、極力クリックしてもらえるように設定する方法だ。これは後日。
昔とは大幅に刷新されていたグーグルアドワーズだが、使い方も大きく変わったようだ。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン