グーグルアドワーズエクスプレスのキーワードの選定はよくできている。グーグルアドワーズエクスプレスは、検索結果として出てくるものより提携ホームページ、提携アプリへ表示されることの方が多いので、そのキーワードにマッチした提携ホームページ、提携アプリを選別するのを一瞬でやってしまうから物凄いことだと思う。
で、そのたくさんのキーワードであるが、グーグルアドワーズでは要らないものが多い。移行後最初にやったのはキーワードの削除であった。キーワード策定の参考になるものを残し、ほとんど消した。残したものも、参考になるから残しただけで、採用はしていない。
キーワードプランナーグーグルアドワーズでのキーワード策定は非常に重要である。このキーワードで検索する人またはそういう傾向のホームページを閲覧中の人に広告を見せたい。それを決めるのがキーワードの策定だが、そのキーワードで本当にコンバージョンするのか、表示される最低の入札単価はいいくらぐらいになるのか、規模はどれくらい見込めるのか、予算はなど、いろいろ検討して決める必要がある。
やってみなくては解らないことが多いので、とりあえず予算を低めに設定しておいて、このキーワードでやってくる人へはぜひ見せたいというキーワードへ集中的に入札単価をあげておく。最初は試行錯誤になると思うが、キーワードは絞り込んで入札単価を高めにする方がいいだろう。ただし皆考えることは同じなので、そういうキーワードに限って入札単価が高くなる。
しかし絞り込むほど単価は上がるが、規模が絞られ、確実にリーチしてコンバージョンにつなげられる可能性も高いので、結果的に割安になるはずである。
もう一方で、すでにアドワーズはマス広告となってしまった感も感じられる。大手が重要キーワードでふんだんに予算を使って広告を出している。クリック単価からするとおそらく赤字だ。しかし大手は広報宣伝費の予算が予めもうけられているので、その範囲で効果的な露出方法として、テレビやラジオではなく、ネット広告を選んでいる場合がよくみられる。「旅行」といったキーワードでグーグル検索をしてみてほしい。数社当たり前のように格安チケットの案内を載せている。これは明らかに赤字だなと思うのだが、会社としては旅行について考えるならまず自分のサイトで調べてみてというように、知名度を上げていきたいという思惑が感じられる。
そういう状況の中で、中小事業者は、限られた予算で顧客をしっかり誘導しなくてはならないので、キーワードの選定、ランディングページ(クリックされたときに表示されるページ、トップページに限らなくてよい)には相当神経を使うことになる。それを検討する手助けにキーワードプランナーというツールも提供されている。これも便利ではあるが1クリック数百円がかかった検討である。大変であることに変わりはない。
全体的な評価、結論は先にするが、生半可な気合いでは始められる広告手段ではないように思う。弊社は、初め何の気もなく、グーグルマイビジネスに申し込んだら巡り巡ってグーグルアドワーズを使うことになっただけなので、単価も低くし、ランディングページも用意していない。これまでつくったホームページはSEOでアクセスを増やしてきていた弊社としては、グーグルアドワーズがどの程度の費用対効果なのか見極めたいと思う。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン