リンクの質について書いたので流れでリンクの量だが、リンクを受ける量は多い方がいいに決まっている、と経験的に思っている。極端に多くても特にお咎めを受けたこともない。弊社の運営しているホームページで75万のリンクを受けているホームページがあるが、だからと言ってお咎めを受けてはいない。ついでにリンクが増える速度だが、一気に増えたからと言っても、これも別段お咎めを受けたことはない。もちろんスパムに悪用されていないリンク集や自然リンクであればだが。
たとえばこのホームページだが、これまでの沢山のお客様達に一気にリンク依頼をだし応諾いただき、自分の持っているリソースも活用し、またまとめ人達の目に留まったようで引用リンクもかなり速いスピードで増えている。数だけで言えばこの短期間に1万5千リンク頂いている。だが、これと言ってお咎めらしい様子は見えない。まぁ1万5千と数だけ多くても、効果が薄いリンク集が大半を占めるので、やっと何とか1ページ目に入っただけなのだが。
1ページ目の戦いは熾烈なので、効果の多寡を問わず、もっと増やしていく必要はある。手前味噌ではここまでが精一杯なので、リンクの量が増えるのは、後はこのサイトを気に入ってくださった方へ引用や文中でのリンクを頂くしかない。
SEOをする人々はリンクについて極端に神経質になる傾向があるが、効果の多寡、リンクの量についてはさほど気にせずに増やしていっていいと思う。あくまで弊社の経験談。
だからと言ってスパムはダメ。
昔ながらの自動登録で無制限にリンクが張れてしまうリンク集のように、グーグルがそこの掲載する人はスパムを行っていると知っている(知っているというか理解している)リンク集へどんどん掲載するのは、リンクの質のところでも書いたようにダメなのである。
自動登録リンクCGIを設置している人が悪いわけではない。それを悪用している人が集まっているようなところがダメなのだ。
もう一つ、昔ながらのトップページ相互リンクだが、実はこれを行っていても、グーグルからすごい勢いでトラフィックが流れてくるホームページを知っている。相互リンクはダメ(実際は相互リンクがスパムなのではなく、詳細に説明を読めば、相互リンクだけを目的としている場合についてなのだが)と言われてその最悪たるトップ相互リンクであっても、お咎めのないホームページは結構あるのである。初心者はうわべの扇動に右往左往しがちだが、スパムを目的としていなければ問題はないのである。
グーグルのAIの進化は物凄い勢いなので、スパムが目的か単にお付き合いでリンクしているのかの判断はしっかり行っているのである。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン