SEOは、リンクの数×リンクの質×コンテンツの量×コンテンツの質である。はい、ぶっちゃけですね。
リンクの量は多い方が良いし、いわゆる質の良いと言われるリンクであればなおよし。コンテンツが多いとその分検索ランキングがあがるし、コンテンツが参考になるものであれば、一層検索ランキングが上がる。
鉱石ラジオ
弊社は長年ずっと外部SEOのことばかり考えてきていたのだが、私が個人的に2012年から約2年間書き続けたブログがある。私は文章がだらだらと長いので、そのサイトを何か重要なことが書かれているとグーグルは思っているらしい。2年間毎日書き続けたので記事の量も600を超えている。ただの趣味ブログなのでSEOやリンクなど念頭になかった。書いてはフェイスブックに投稿し、というのを毎日毎日繰り返した。だらだらと長い文章を書いていたが、それぞれの記事にはきちんとテーマをしっかり決めて書いていた。2年書き続けて、グーグルとヤフーは、決して多いとは言えないが一日300人以上2000Hit以上のアクセスを誘導してくれる。
リンクは繰り返しになるがまた述べるとして、コンテンツが充実しているサイトは検索結果でも良好である。グーグルのサーチコンソールのでの、平均検索順位は20位より上にになっている。あらゆるキーワードで20位をこえているのだ。個人的に私はこういうサイトをパワーサイトと呼んでいる。
こうなってくると、質の悪いリンクを受けようが相互リンクをしようが、発リンクを大量にもとうが、グーグルからは何のお咎めもなし!良好に多くのキーワードで上位表示されている。
だから、お客さんへ大変だろうけど2年間ブログを書いてくださいと提案してみることもある。しかし駄文ではだめで、きちんと意義のある記事を投稿しなくてはならないので、かなり大変である。挫折する人が多い。でも2年間頑張れば上のような結果が得られるのである。
検索でブログが有利なのは、その熱意を持っていた人が結局上位を占めているだけのことで、かけた時間やコストはばかにならず、グーグルの評価は正当である。
従ってお客様には、気力さえ続けば、ホームページのブログ化をお勧めする。弊社がワードプレスをお勧めする理由の一つでもある。少しずつでもいいから記事を書いてほしいのである。そうすれば上のような検索結果を確実に勝ち取ることができる。
しかし、あのブログを書いていた頃は、一日の半分を、ブログのためにネタを作り、そのネタを記事にすることで費やしていた。普通にはできないことだが、内容が薄くても、一日1投稿で量を増やすのも作戦の一つではある。中にはとても書きたかった重要な記事も現れるであろう。続けることも大事である。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン