SEOに強いレイアウト前回、グーグルの好むレイアウトを閲覧者の視線の動きの観点からご説明した。
実はグーグルは、読みやすさだけではなく、ユーザーが簡単に目的のコンテンツへたどり着けるかも評価の一つとして採用している。アクセサビリティである。
アクセサビリティを上げるのには3つのブロックが必要である。
一つ目はグローバルナビゲーション、二つ目はパンくずリスト、そしてサイトマップである。この3つがそろっているとグーグルからはよい評価がもらえる。
ユーザーが目的のページにすぐにたどり着けること。今閲覧しているページはサイト内のどこになるのかわかりやすくなっていること、この2つの出来のよさがグーグルの評価につながるのである。グーグルはあくまで閲覧者主義なのだ。閲覧者にとって便利なサイトが上位に来る。それが肝要である。
これを書いていて、先日の画像のミスに気が付いた。修正版を掲載しておく。サイトマップはヘッダーからリンクするのではなく、フッターに展開して記載しておく方が望ましい。
個々のナビゲーションについてはこの後ご説明したい。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン