今回は、少し難しい内容だが、結論としてやることは簡単である。ぜひ検討してみましょう。
グーグルは、閲覧者が使用したその検索キーワードと、ホームページの検索結果の順位で、どれくらいのクリックが発生するかという推定クリック率というものを持っている。
そして、ホームページが検索された結果どれくらいそのホームページがクリックされているか、状況を観察し、その検索順位でのクリックの比率が推定クリック率を上回っているとより上位に検索順位を移動し、下回っていると下位へ検索順位を移動させる動作をする。
アドワーズでやっているんだから、通常の検索ランキングでやっていないはずがないと思い、検証した結果であり、弊社の管理しているホームページでセンセーショナルなタイトルをつけた場合の動作とで確認しているので確かである。
クリックを呼び込む人気ホームページはより上位へ、クリックしてもらえない不人気ホームページはより下位へと移動していくというわけである。
ほとんどの場合、閲覧者は検索結果のどのホームページを閲覧するかは、グーグルの検索結果ページに表示されているタイトルと説明文で判断しているだろう。
ということは、タイトルと説明文で、「あれ?これ面白そう」とか、「え?それってまずいんじゃない?」とか、思わず閲覧したくなるようなホームページタイトル(TITLE)とホームページの説明(DESCRIPTION)を書いておけばいい。
もともと知られている人気サイトであれば、特にタイトルと説明文を工夫しなくてもクリックは集まる。だからマスコミなどで有名なサイトなどはそういう工夫は要らない。
なんて単純なのとあっけにとらわれるかもしれないが事実である。
タイトルのつけ方や、DESCRIPTIONの文章は一生懸命検討して損することはない。より目を引き付けるものを考案して記述すべきである。
SEO総論でリンクとコンテンツについて述べたが、実は検索順位を決定づける第3の要素として「人気」が重要な要素なのである。
どんどん手の内を明かしているが、効果的なのでこの際ホームページタイトルとDESCRIPTIONを見直してみてはいかがだろうか。