データベースSEO総論にて紹介したが、コンテンツの質と量はSEOにとって重要な要素である。
ただ、個人的にはコンテンツ重視のグーグルも利用者に行き過ぎを強要しているのではないかと思われる。先日お世話になった弁護士の方が、毎日3件新規投稿をするようにノルマが課せられていると言っていた。
質を維持しながら3件は無謀であろう。当然やっているうちに質が下がってくる。他人ごとではない。私もそのうちの一人だ。
さてここで思うのだが、これってスパムじゃない?という気がしてきた。検索上位を目指して、記事を書きまくる。これは検索ランキングを操作する目的で行っているわけだから、グーグルがコンテンツ重視とはいっても、それはコンテンツスパムを発生させているだけのように思う。
だから私のように駄文でも投稿を行うのである。
以前SEO総論で駄文でも一定量を超えると、ぐっと検索ランキングがあがる現象を紹介した。
そんなようなことが起きるので一層、みんな自分のお仕事のために、毎日のようにブログを書いたり、ページを足したりしている。そういうことを目指してコンテンツ重視を唱えているのであろうか?それであれば、このタイプのスパムはOKですよと言っているようなものだ。
私も自分にノルマを課しているのは皆さんご覧のとおりではあるが、弁護士さんおひとり当たり数ページがノルマになっているというのは、行き過ぎだともう。
ワードプレスが人気なのは、投稿やページを非常に簡単に追加できるからだと思っている。ここでもそうだが、基本的に新しいコンテンツを追加する際には、投稿の新規追加のコーナーで記事を書いてやるだけである。コンテンツを多く持ちたい方にはもってこいのCMSである。
弊社ホームページの場合、まだトップメニューに追加できるページが色々残っている。早く整備していきたい。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン