ホームページ作成ソフトやCMSの機能にあるので、今でも何も考えずに、何気なくmetaタグのkeywordsに、検索されたいキーワードを羅列しているホームページがいまだに見受けられる。
もう、ルール化した方がいい。metaタグのkeywordsには何も書かない。
グーグルはここの記述を何の参考にもしていないし、逆に、キーワードの詰め込みはないかチェックするだけである。そうここに何か書くことによって、検索上位に来ることはないが、ペナルティを受けることはある。
そういうばかばかしい項目なので、ホームページ作成ソフトやCMSの機能に記入欄があっても、何も書いてはいけない。そもそも記入欄があるから、いまだにkeywordsの羅列をする人が後を絶たないのだ。なぜ、そんな機能を残しているのか、初心者ホームページオーナーが混乱するではないか。
グーグルも2009年に、meta keywordsは検索順位ランキングには使用しないと明言している。
解りきったことを書いてしまった。だが、未だに弊社に持ち込まれるホームページがmeta keywordsで文字を羅列していることが多いのだ。
ということで、keywordsは記入欄があっても、何も書かない。これはルールである。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン