お勧めテーマとお勧め&必須プラグインインのインストール設定済みで、スマホ対応フェイスブックとツイッター連携のホームページがすぐに出来上がります!SEOも万全!
スタッフブログ

SEO外部対策

グーグル対策のうち、SEO外部対策に関する情報です。一般的なことだけ記事にします。肝心なことはご契約後お話合いしましょう。

スマホ対応ワードプレスセルフプラン
スマホ対応ワードプレス新規構築プラン
スマホ対応ワードプレスリニューアルプラン

まとめ人が増えている。ちょっと怖い...

始めてまとめ人がこのホームページの記事を引用した時、嬉しくて記事に掲載したが、その時「まとめ人歓迎」と書いたせいか、まとめ人が増えている。現状で25名いらっしゃる。それはそれでいいことなのかもしれないが、「それはちょっと …

まとめ人が3人もついた。嬉しい。幸先良好!

インターネットの世界には、「まとめ人」と呼ばれる人たちがいる。先日のサーチコンソールでの「サイトへのリンク」の更新で新しいリンクがあり、3人のまとめ人がついてくれたのがわかった。 まとめ人は、ネット上の掲示板やブログの記 …

相互リンク再考

これまでたくさんのホームページを作ってきたが、私の方はペナルティを受けてしまったという経験が全くない。なのでペナルティ発動のきっかけを実体験でもっていない。 リンクを受けると、クリックされた際にリンク元は解るので、それへ …

外部リンク3-相互リンクになってしまった場合

グーグルの「相互リンクはスパムである」という3年前の発表は、SEOを常に念頭に置いていた方々の間で大騒ぎになってしまった。友人知人にリンクを外してもらうことに躍起になった方もいるだろう。 だが、ホームページを運用している …

外部リンク2-他のホームページへのリンクを掲載する場合

2つめのテーマは発リンクである。経験上、リンクを張ってあげてペナルティになったことは一度もない。私の個人的な趣味のホームページのトップページから約30個強の友達リンクをしているが、現時点で一日約300人、約2000Hitしており、それも95%以上がグーグルまたはヤフーの検索からやってきている。特におとがめがあったということを経験していない。

外部リンク1-リンクを受けている場合の影響

グーグルは3年前「相互リンクはスパムとする」と宣言し、多くの人々を驚愕させた。それ以前にも「ディレクトリサービスは有料リンクだからペナルティにする」とも言っている。人々を驚かせ、関連ホームページや、友人知人からリンクを受けているのをあわてて消してもらったりした。たが今のグーグルは、よそのホームページから自分のホームページへリンクが張ってある時、何を考えるのか。

被リンクの影響
PAGETOP
Copyright © 有限会社ジョイメディア All Rights Reserved.